ピエール・ポーリンは1960~70年代の、フランスデザインを代表する家具デザイナーです。
数少ないコルビュジエ以後のフランスの同分野を支えた人物として、広く知られています。
彼は1927年に産まれ、パリのエコール・カモンド校で家具について学びました。
この中で、所謂ミッドセンチュリー、例えばイームズやエーロ・サーリネンに影響を強く受けました。
活躍するのは1950年代から、54年にはフランスのトーネット社、オランダのアーティフォート社より家具を発表しはじめます。

彼の代表作となるのが1965年のリボンソファです。
これは形も優れ、座り心地でも高く評価されました。
またオレンジスライスチェアは独特のフォルムと、丸みを帯びたデザインから高く評価されました。
またその他にも伸縮性ジャージ生地を使用したマッシュルームチェア、「舌」のようなデザインのタンチェアなど、独創的な椅子をデザインしています。
1987年には国際インダストリアルデザイン賞も受賞した、フランスを代表する家具デザイナーです。

表示切替: 並び順:
1件中1件~1件を表示
1件中1件~1件を表示

楽 天ID決済

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

平日10:00~18:00 
土日祝日 店休日

ページトップへ