フローレンス・ノールは、アメリカを代表する家具メーカーKnollに多大な貢献をした女性デザイナーです。
そのデザインはヴァルター・グロピウスやミース・ファン・デル・ローエ、マルセル・ブロイヤーに学んだもので、女流デザイナーとしてはアイリーン・グレイに匹敵するほどの実力を持っていました。

産まれたのは1917年のことですが、転機となるのは両親と死別してあのエーロ・サーリネンの父であるエリエル・サーリネンに引き取られた事でした。
彼ら二人の中で育ったことが、芸術の道へと進む影響を与えます。
ミース・ファン・デル・ローエと出会ったのは、アーマー工科大学(後のイリノイ工科大学)での大学時代のこと。
この時受けたモダニズムへの薫陶が、後にドイツ人のインテリアデザイナー、ハンス・ノールと結婚した時に、家具メーカーKnollを設立、独自のデザイン力を持つ企業に引き上げるきっかけとなりました。

Knollは「ノール・プランニング・ユニット」を率いて、建築と家具とを総合してデザインするアイディアで、オフィスインテリアに革命をもたらしました。
その代表作が、グランドコーナーソファなど一連のソファ群です。

表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示

楽 天ID決済

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

平日10:00~18:00 
土日祝日 店休日

ページトップへ